QOJI BLOG

2019.03.08(金)

concrete5 8.4.3 から concrete5 8.4.5 をインストールした。

concrete5 8.4.5 インストールは瞬時に完了した。

concrete5 8.4.5 環境情報

# concrete5 Version

Core Version - 8.4.5

Version Installed - 8.4.5

20018.10.19(金)

concrete5 8.4.2 から concrete5 8.4.3 をインストールした。

concrete5 8.4.3 インストールは瞬時に完了した。

concrete5 8.4.3 環境情報
# concrete5 Version
Core Version - 8.4.3
Version Installed - 8.4.3
 

2018.09.14(金)

manの日本語化を行ってみた。

参考資料::

https://qiita.com/fuwamaki/items/fbe7483444261e2425fe

結果::

Macのmanコマンドの内容を日本語化で遊ぶ/man-pages-ja-20180815 - ターミナルで保存した出力.txt

考察::

以下の通り、man を日本語で表示させるためには $sudo man ls としなければならない。
その理由については俄にわからない。

$man ls
env: /usr/local/share/man/:: No such file or directory

$sudo man ls
Password:
LS(1)                          ユーザーコマンド                          LS(1)
名前
       ls - ディレクトリの内容をリスト表示する
書式
       ls [オプション]... [ファイル]...
説明
       FILE   (デフォルトは現在のディレクトリ)  に関する情報を一覧表示します。
       -cftuvSUX のいずれも指定されず、 --sort も指定されていない場合、 要素は
       アルファベット順でソートされます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   終了ステータス:
       0      正常終了、
       1      軽微な問題が発生 (例: 子ディレクトリにアクセスできない)、
       2      重大な問題が発生 (例: コマンド引数が誤っている)。
       GNU coreutils のオンラインヘルプ: <http://www.gnu.org/software/coreutils/>
       ls  の翻訳に関するバグは <http://translationproject.org/team/ja.html> に連
       絡してください。  完全な文書は  <http://www.gnu.org/software/coreutils/ls>
       にあります。  ローカルでは  info  '(coreutils) ls invocation' で参照できま
       す。
作者
       作者 Richard M. Stallman および David MacKenzie。
著作権
       Copyright © 2016 Free Software Foundation, Inc.   ライセンス  GPLv3+:  GNU
       GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>.
       This  is free software: you are free to change and redistribute it.  There
       is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.
関連項目
:
 

2018.08.27(月)

2018.08.26(日)

http://www.kojimat.ddo.jp/index.phpのBlogをクリックしたら次のURLが開き次のようなメッセージが表示された。

http://httpheader.net/index.php/blog

httpHeader.net
            
HTTP_HOST = httpheader.net
HTTP_ACCEPT_ENCODING = gzip, deflate
HTTP_CONNECTION = keep-alive
HTTP_UPGRADE_INSECURE_REQUESTS = 1
HTTP_ACCEPT = text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,*/*;q=0.8
HTTP_USER_AGENT = Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_13_6) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/11.1.2 Safari/605.1.15
HTTP_REFERER = http://www.kojimat.ddo.jp/index.php
HTTP_DNT = 1
HTTP_ACCEPT_LANGUAGE = ja-jp
REMOTE_ADDR = 114.183.164.220
REMOTE_PORT = 40437
REQUEST_METHOD = GET
REQUEST_URI = /index.php/blog
REQUEST_TIME_FLOAT = 1535297410.94
REQUEST_TIME = 1535297410
SERVER = 20
        
What is this website | Contact us

http://blogadmin.freshdesk.com/support/home

http://blogadmin.freshdesk.com/support/home をクリックすると次のように表示された。

Logo
Support Portal
Welcome
Login  Sign up
HomeSolutions
How can we help you today?
 
SEARCH
 
 New support ticket
 Check ticket status
Knowledge base
General
FAQ 2
What is a http header
I'm seeing "GET http://domain.name HTTP/1.1" 404 in my weblogs, what does this mean?
Home Solutions Cookie policy
Help Desk Software by Freshdesk

この後、http://www.kojimat.ddo.jp/index.phpのBlogを何度クリックして http://httpheader.net/index.php/blog が開き、Blog は開けなかった。

2018.08.27(月)

思案の末に次のような試みをしてみた。
HTTP_REFERER = http://www.kojimat.ddo.jp/index.php に着目し、
HTTP_REFERER の行の中の  http://www.kojimat.ddo.jp/index.php  をクリックしたところ、
QOJI STYLE の Blog が正常に開いた。

なお続いて、www.httpheader.net をクリックすると次のような状態になった。

HTTP_REFERER = http://www.kojimat.ddo.jp/index.phpが消えている。

 

httpHeader.net
            
HTTP_HOST = www.httpheader.net
HTTP_CONNECTION = keep-alive
HTTP_UPGRADE_INSECURE_REQUESTS = 1
HTTP_ACCEPT = text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,*/*;q=0.8
HTTP_USER_AGENT = Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_13_6) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/11.1.2 Safari/605.1.15
HTTP_ACCEPT_LANGUAGE = ja-jp
HTTP_DNT = 1
HTTP_ACCEPT_ENCODING = gzip, deflate
REMOTE_ADDR = 114.183.164.220
REMOTE_PORT = 34872
REQUEST_METHOD = GET
REQUEST_URI = /
REQUEST_TIME_FLOAT = 1535330662.253
REQUEST_TIME = 1535330662
SERVER = 20
        
What is this website | Contact us

 

QOJI STYLE の Blog が正常に開いいる状態で、
更になお続いて、www.httpheader.net をクリックすると次のような状態になった。

HTTP_REFERER = http://www.kojimat.ddo.jp/index.phpが消えている。

 

httpHeader.net

HTTP_HOST = www.httpheader.net
HTTP_CONNECTION = keep-alive
HTTP_UPGRADE_INSECURE_REQUESTS = 1
HTTP_ACCEPT = text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,*/*;q=0.8
HTTP_USER_AGENT = Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_13_6) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/11.1.2 Safari/605.1.15
HTTP_ACCEPT_LANGUAGE = ja-jp
HTTP_DNT = 1
HTTP_ACCEPT_ENCODING = gzip, deflate
REMOTE_ADDR = 114.183.164.220
REMOTE_PORT = 48159
REQUEST_METHOD = GET
REQUEST_URI = /
REQUEST_TIME_FLOAT = 1535340737.799
REQUEST_TIME = 1535340737
SERVER = 20
        
What is this website | Contact us

 

こうして今のところ http://www.kojimat.ddo.jp/index.php/blog は正常に開き続けている。
http://httpheader.net/index.php/blog とは何か、次に研究しなければならないと思っている。

 

2018.08.11(土)

concrete5 8.4.1 から concrete5 8.4.2 をインストールした。

concrete5 8.4.2 インストールは瞬時に完了した。

concrete5 8.4.2 環境情報
# concrete5 Version
Core Version - 8.4.2
Version Installed - 8.4.2

 

2017.12.17(日)

concrete5 8.2.1 から concrete5 8.3.0 をインストールした。

concrete5 8.3.0 インストールは瞬時に完了した。

concrete5 8.3.0 環境情報
# concrete5 Version
Core Version - 8.3.0
Version Installed - 8.3.0

 

2017.05.26(金)

 

5月15日にAirMac Extreme を新しい AIRPORT EXTREME 802.11AC に交換したので、設定内容をスクリーンショットに撮ってあった以前の内容を参考に手動で復元した。

5月18日になって nginx のトラブルが生じているのに気が付いた。自宅サーバの kojimat.ddo.jp に接続できないのだ。
localhost:80 , localhost:8885 ~ 8889 は表示されるが kojimat.ddo.jp は表示されないのである。

そこでポート 80 が 待ち受け (LISTEN) 状態になっているか調べてみたところ、次のように待ち受け状態になっていた。

$sudo lsof -Pi :80
Password:
COMMAND PID   USER     FD   TYPE   DEVICE   SIZE/OFF   NODE NAME
nginx          89     root      5u    IPv4    0x7c764f30c      0t0   TCP    *:80 (LISTEN)
nginx          313   nobody  5u    IPv4    0x7c764f30c      0t0   TCP    *:80 (LISTEN)
nginx          314   nobody  5u    IPv4    0x7c764f30c      0t0   TCP    *:80 (LISTEN)

次に kojimat.ddo.jp がポート80に接続できているか調べてみたところ、次のように「リモートのホストと接続することができない」と表示された。

$telnet www.kojimat.ddo.jp 80
Trying 121.114.32.5...
telnet: connect to address 121.114.32.5: Operation timed out
telnet: Unable to connect to remote host

Dynamic DO!.jp 、Apple support にメール及び電話し質問をし、暫くしてやっと解決の糸口を見つけることが出来た。
Apple support に電話していて、iMac のシステム環境設定 - セキュリティーとプライバシー -を開いたとき「ファイアーウォール:入」となっているのを見つけたので、「ファイアーウォール:切」にしてみたところ、 kojimat.ddo.jp が突然表示されたのである。

更に「ファイアーウォール -オプション」開いてみると「ファイル共有(AFP,SMB)」の欄に nginx が見つかったが「外部からの接続をブロック」になっている。調べてみると15項目ある中で「外部からの接続をブロック」になっているのは nginx だけである。なぜなのか思い当たるものは何もない。
そこで、「ファイアーウォール:入」とした上で「ファイアーウォール -オプション」で nginx を「外部からの接続を許可」に設定し直した。
すると、「ファイアーウォール:入」とした状態で kojimat.ddo.jp が表示され、従来通りになっていることが確認された。

Dynamic DO!.jp に解決のメールを送った返事に次のような注意があった。

5月23日18:41にいただいたメールでは、HTTP(Web)は遮断されAFPは通信可能とのことでした。
(サーバプロファイル)
HTTP(80)        Time Out.
FTP(21)            応答無し
POP3(110)        応答無し
SMTP(25)        応答無し
Telnet(23)        応答無し
NetBIOS(139)    応答無し
AFP(548)    応答がありました。
ご連絡の内容ではつじつまが合いませんので、なにか思い違いがありませんか十分にご注意ください。
AFPを許可されていますが問題はありませんでしょうか。今一度ご確認ください。

さっそく「ファイアーウォール:入」で「ファイアーウォール -オプション : nginx : 外部からの接続を許可」の状態で「サーバプロファイル」を作成してみると、次のような結果であった。
(サーバプロファイル)
HTTP(80)        応答がありました。
FTP(21)            Time Out
POP3(110)        Time Out
SMTP(25)        Time Out
Telnet(23)        Time Out
NetBIOS(139)    Time Out
AFP(548)        応答がありました。

ターミナルでコマンド lsof "list open files" を打ってみると、次の通りで、応答があったのはポート80、445、548 の3個であった。
$sudo lsof -Pi :80,548,445,21,110,25,23,139
COMMAND PID   USER   FD   TYPE             DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
launchd   1   root    6u  IPv6 0x48f01764681381e9      0t0  TCP *:548 (LISTEN)
launchd   1   root    8u  IPv4 0x48f017646813e609      0t0  TCP *:548 (LISTEN)
launchd   1   root   12u  IPv6 0x48f01764681381e9      0t0  TCP *:548 (LISTEN)
launchd   1   root   16u  IPv4 0x48f017646813e609      0t0  TCP *:548 (LISTEN)
launchd   1   root   34u  IPv6 0x48f0176468137ca9      0t0  TCP *:445 (LISTEN)
launchd   1   root   36u  IPv4 0x48f017646813dd11      0t0  TCP *:445 (LISTEN)
launchd   1   root   48u  IPv6 0x48f0176468137ca9      0t0  TCP *:445 (LISTEN)
launchd   1   root   56u  IPv4 0x48f017646813dd11      0t0  TCP *:445 (LISTEN)
nginx    89   root     5u  IPv4 0x48f017646813f7f9        0t0  TCP *:80  (LISTEN)
nginx   308 nobody  5u  IPv4 0x48f017646813f7f9        0t0  TCP *:80  (LISTEN)
nginx   309 nobody  5u  IPv4 0x48f017646813f7f9        0t0  TCP *:80  (LISTEN)

 

 

2017.05.11(木)

Mastodon を kojimat.ddo.jp 上に表示する作業。

QOJI STYLE のトップページにある KOJIMATA LocalHost にリンクすることで localhost:3000 に Mastodon を表示させる。

作業手順::
1. マストドンのシンボリックリンクを作成:/Users/kojimatakumi/mastodon のシンボリックリンクを作成する。
2. webserver に mastodon を作成:シンボリックリンクを /Users/kojimatakumi/Sites/WebServer/Documents/mastodon に移動させる。
3. nginx を変更:/usr/local/etc/nginx/nginx.conf の中の server を次のように2箇所編集する。
    server {
    # listen       8888 default_server;
    # listen      8880;            コメントアウト
     listen     3000;                変更
    ..............................................................................
    # root   /Users/kojimatakumi/Sites/WebServer/Documents/concrete5.7.5.2swd/;            コメントアウト
       root   /Users/kojimatakumi/Sites/WebServer/Documents/mastodon/;                        変更
4. nginx を再起動:$sudo nginx -s reload
5. KOJIMATA LocalHost にあるリンクを変更: localhost:8880 (最初8888) を編集して localhost:3000 とする。
6. KOJIMATA LocalHost localhost:3000 をクリック:localhost:3000/about が表示される。

 

2017.02.01(水)

concrete5 アップグレード Version - 8.1.0

kojimat.ddo.jp を concrete5 8.0.3 から concrete5 8.1.0 にアップグレードする。


管理画面 - システムと設定 - バックアップとリストアー

concrete5 をアップグレード

アップデートをチェック


1. ダウンロードした concrete5-8.1.0zip を解凍し concrete5-8.1.0 にする。

2. /Users/kojimatakumi/Sites/Documents2/concrete5.7.5.2sd2/updates/ を開く。

3. concrete5-8.1.0 をコピーする。

4. /Users/kojimatakumi/Sites/Documents2/concrete5.7.5.2sd2/updates/concrete5-8.1.0とする。

5. QOJI STYLE 管理画面 - システムト設定 - バックアップとリストア - concrete5をアップグレード - (アップデートをチェック) ボタンを押す。

6. その後、最適化--キャッシュクリアーを行う。


サーバ一覧 - 環境情報

# concrete5 Version
Core Version - 8.1.0
Version Installed - 8.1.0
Database Version - 20170123000000

 

2016.12.17(土)

concrete5 アップグレード Version - 8.0.3

kojimat.ddo.jp を concrete5 8.0 から concrete5 8.0.3 にアップグレードする。


管理画面 - システムと設定 - バックアップとリストアー

concrete5 をアップグレード

アップデートをチェック


1. ダウンロードした concrete5-8.0.3zip を解凍し concrete5-8.0.3 にする。

2. /Users/kojimatakumi/Sites/Documents2/concrete5.7.5.2sd2/updates/ を開く。

3. concrete5-8.0.3 をコピーする。

4. /Users/kojimatakumi/Sites/Documents2/concrete5.7.5.2sd2/updates/concrete5-8.0.3とする。

5. アップデート-ボタンを押す。

6. その後、最適化--キャッシュクリアーを行う。


サーバ一覧 - 環境情報

# concrete5 Version
Core Version - 8.0.3
Version Installed - 8.0.3
Database Version - 20161216000000

 

2016.12.05(月)

concrete5 アップグレード Version - 8.0


kojimat.ddo.jp を concrete5.7.5.10から concrete5 8.0 にアップグレードする。


管理画面 - システムと設定 - バックアップとリストアー

concrete5をアップグレード

アップデートをチェック


1. ダウンロードした concrete5-8.0.0zip を解凍し concrete5-8.0.0 にする。

2. /Users/kojimatakumi/Sites/Documents2/concrete5.7.5.2sd2/updates/ を開く。

3. concrete5-8.0.0 をコピーし、_remote_updater を加え concrete5-8.0.0_remote_updater と書き換える。

4. /Users/kojimatakumi/Sites/Documents2/concrete5.7.5.2sd2/updates/concrete5-8.0.0_remote_updater とする。

5. アップデート-ボタンを押す。

6. その後、最適化--キャッシュクリアーを行う。


サーバ一覧 - 環境情報

# concrete5 Version
Core Version - 8.0.0
Version Installed - 8.0.0
Database Version - 20161109000000

# concrete5 Packages
Code Display (1.0)

# concrete5 Overrides
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・languages/ja_JP/LC_MESSAGES/messages.mo, languages/ja_JP/LC_MESSAGES, languages/ja_JP, ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

# concrete5 Cache Settings

Block Cache - On
Overrides Cache - On
Full Page Caching - Off
Full Page Cache Lifetime - Every 6 hours (default setting).

# Server Software
nginx/1.8.0

# Server API
fpm-fcgi

# PHP Version
5.6.13

# PHP Extensions
bcmath, bz2, calendar, cgi-fcgi, Core, ctype, curl, date, dba, dom, ereg, exif, fileinfo, filter, ftp, gd, gettext, hash, iconv, json, ldap, libxml, mbstring, mhash, mysql, mysqli, mysqlnd, odbc, openssl, pcntl, pcre, PDO, pdo_mysql, PDO_ODBC, pdo_sqlite, Phar, posix, readline, Reflection, session, shmop, SimpleXML, soap, sockets, SPL, sqlite3, standard, sysvmsg, sysvsem, sysvshm, tokenizer, wddx, xml, xmlreader, xmlrpc, xmlwriter, xsl, zip, zlib

# PHP Settings
max_execution_time - 30
log_errors_max_len - 1024
max_file_uploads - 20
max_input_nesting_level - 64
max_input_time - 60
max_input_vars - 1000
memory_limit - 128M
post_max_size - 16M
sql.safe_mode - Off
upload_max_filesize - 8M
ldap.max_links - Unlimited
mysql.max_links - Unlimited
mysql.max_persistent - Unlimited
mysqli.max_links - Unlimited
mysqli.max_persistent - Unlimited
odbc.max_links - Unlimited
odbc.max_persistent - Unlimited
pcre.backtrack_limit - 1000000
pcre.recursion_limit - 100000
session.cache_limiter - <i>no value</i>
session.gc_maxlifetime - 7200
soap.wsdl_cache_limit - 5

 

2016.04.19(火)

concrete5 アップグレード Version - 5.7.5.6

 

kojimat.ddo.jp を concrete5.7.5.5 から concrete5.7.5.6 にアップグレードする。

 

管理画面 - システムと設定 - バックアップとリストアー

concrete5をアップグレード

アップデートをチェック

 

1. ダウンロードした concrete5.7.5.6.zip を解凍し concrete5.7.5.6 にする。

2. /Users/kojimatakumi/Sites/Documents2/concrete5.7.5.2sd2/updates/ を開く。

3. concrete5.7.5.6 をコピーし、_remote_updater を加え concrete5.7.5.6_remote_updater と書き換える。

4. /Users/kojimatakumi/Sites/Documents2/concrete5.7.5.2sd2/updates/concrete5.7.5.6_remote_updater とする。

5. アップデート-ボタンを押す。

6. その後、最適化--キャッシュクリアーを行う。

 

サーバ一覧 - 環境情報

# concrete5 Version

Core Version - 5.7.5.6

Version Installed - 5.7.5.6

Database Version - 20151221000000

アップデート成功を確認。

 

2016.01.28(木)

 

kojimata fotolog

2015.10.18(日)

█ apache - concrete5.7.5.2 と nginx - concrete5.7.5.2 を同時に起動し操作したときの挙動を調べる。

▋ apache とnginx の設定状況

▋ localhost:80

/Volumes/LaCie/Library/WebServer/Documents/concrete5.7.5.2

Apache/2.4.16 (Unix) - PHP Variables

MySQL データベース名:conc5751

▋ localhost:8888

/Volumes/LaCie/Sites/WebServer/Documents/concrete5.7.5.2

nginx/1.8.0 - PHP Variables

MySQL データベース名:conc5752

█ PHP のセッショントラブルについて研究する。

▋ 問題のセッショントラブルログ

▋ localhost:80 に変更してサイトを開いたときに表示された /sess_ 。

An unexpected error occurred.

SessionHandler::read(): open(/var/tmp//sess_k8gfo1sg408kd99r331j12l7e3, O_RDWR) failed: Permission denied (13)

そこで以下のように修正した。

現行

Owner: jibun(501) - jibun

Group: wheel (0) - System Group

修正

Owner: _www(70) - World Wide Wev Server

Group: wheel (0) - System Group

▋ localhost:8888 を起動すると以下の /sess_ が表示された。

An unexpected error occurred.

SessionHandler::read(): open(/var/tmp//sess_ukibv4q3n5nraedji3gib1ehg3, O_RDWR) failed: Permission denied (13)

そこで以下のように修正した。オーナーの変更が逆になっている。

現行

Owner: _www(70) - World Wide Wev Server

Group: wheel (0) - System Group

修正

Owner: jibun(501) - jibun

Group: wheel (0) - System Group

█ php のセッショントラブルの原因と思われる php の存在とその相違。

▋ apache - php

場所:/usr/bin

作成日:2015年9月17日木曜日 16:07

変更日:2015年9月17日木曜日 16:07

共有とアクセス権

システム: 読み・書き

wheel:........読み出しのみ

everyone: ..読み出しのみ

▋ nginx - php

場所:/usr/local/Cellar/php56/5.6.13_3/bin

作成日:2015年9月22日火曜日 11:07

変更日:2015年9月26日土曜日 20:09

共有とアクセス権

(自分): 読み・書き

admin: .......読み出しのみ

everyone: ..読み出しのみ

█ php.ini が二つ存在し使われていると考えられるので、その比較をすると以下の通り。

▋ apache と nginx の比較

apache - php ..................................................................nginx - php

/private/etc/php.ini ........................................................./usr/local/etc/php/5.6/php.ini

901extension=php_pspell.dll .........................................無し

1007 pdo_mysql.default_socket= /tmp/mysql.sock ......無し

1156 mysql.default_socket = /tmp/mysql.sock .............無し

1215 mysqli.default_socket = /tmp/mysql.sock ............無し

1556 session.hash_function = 0 .....................................session.hash_function = 1

1729 ;mbstring.language = Japanese ............................mbstring.language = neutral

1736 ;mbstring.internal_encoding = ...............................mbstring.internal_encoding = UTF-8

█ セッショントラブルの研究結果

php.ini を操作したり、localhost:80 - apache 、localhost:8888 - nginx をしばらく操作した結果、セッショントラブルが起こらなくなった。

apache - phpinfo() と nginx - phpinfo() を調べてみると、両方の Configuration File が同じになっていることが分かった。

▋ apache - phpinfo()

Server APIApache 2.0 Handler

Virtual Directory Supportdisabled

Configuration File (php.ini) Path/usr/local/etc/php/5.6

Loaded Configuration File/usr/local/etc/php/5.6/php.ini

▋ nginx - phpinfo()

Server APIFPM/FastCGI

Virtual Directory Supportdisabled

Configuration File (php.ini) Path/usr/local/etc/php/5.6

Loaded Configuration File/usr/local/etc/php/5.6/php.ini

█ 仮の解決

サイト全体の Header Navigation が消失する現象、PHP のセッショントラブルが生ずる現象は起きなくなった。

前者は MySQL の複製が原因であり、後者は設定内容の違う PHP 使用が原因と考えられるが、確証は未だない。

 

 

2015.09.30(水)

検討

nginx.conf の root について検討することを思いついた。

1.  root を concrete5.7.5.1 に設定してみる。

2.  root を置く位置を別のところに変えてみる。

実験 1 検討の 1. 及び 2. を同時に行ってみる。

root を concrete5.7.5.1 に設定したうえ、root を置く位置を別のところに変えてみる。

http://localhost:8888

 

2015.09.28(火)

 

 

現在のバージョン 5.7.4.2 から 5.7.5.1 にアップデートした。

concrete5 を久しぶりにアップデートした。

1. [管理画面 > システムと設定 > concrete5をアップグレード]ページにアクセスし、

concrete5.org からアップデートバージョン 5.7.5.1 をダウンロードし、

2. 現行 concrete5.7.4.2 フォルダの中の updates フォルダの中に concrete5.7.5.1_remote_updater があるのを確認し、

[管理画面 > システムと設定 > concrete5をアップグレード]を再びクリックすると、即時アップデートが終了する。

3. [管理画面 > システムと設定 > 最適化 > キャシュをクリアー]をクリックする。

4. サイトのフォルダ名を concrete5.7.4.2 から concrete5.7.5.1 に変更する。

5. URL : http://www.kojimat.ddo.jp/concrete5.7.5.1/

2015.08.06(木)

同時投稿:http://cafekojima.blogspot.jp/2015/08/nginx_43.html

同時投稿:https://kojimatak.wordpress.com/2015/08/07/nginx-サーバの作成顛末記-その2

 

Nginx サーバの作成顛末記。その2。

Nginx の設定をが思うようにいかず、エラーの処理対策にネットで資料を収集中たまたま "hello-world-nginx" という文字に目を止め、「KitematicでDockerを使ってみた」というページを知ることになった。

早速、https://kitematic.com からDownload Kitematicをクリックし Kitematic (Beta) をダウンロードした。

Publicky の記事によると次のようになっている。

http://www.publickey1.jp/blog/15/dockerguikitemati...

KitematicはDockerの実行環境となる仮想マシンのVirtualBoxとLinuxをMacOS上へ自動的にインストールし、GUIからDocker Engineのコンテナで起動するアプリケーションの一覧をDocker Hubから取得して一覧表示、クリックすればすぐにDocker上でアプリケーションを起動できるというもの。

Nginx コンテナを作る。

Kitematic (Beta) をダブルクリックして起動させ、Recommended の最初にある hello-world-nginx の

CREATE ボタンをクリックした。

しばらくして Containers 欄に hello-world-nginx が追加された。

HOME タブをクリックすると最下部にフォルダアイコン /website_files があり、そのアイコンをクリックすると書類 (Documents) /Kitematic が表示された。

書類 (Documents) /Kitematic をクリックすると index.html があり次のような内容が書かれている。

Voilà! Your nginx container is running!

To edit files, double click the website_files folder in Kitematic and edit the index.html file.

そこで、書類 (Documents) の中のフォルダ Kitematic に表示させたい Web コンテンツを入れることにし、既存の index.html をコメントアウトし Apache サーバに置いているコンテンツの一つ "アトリエ・sitemix0 へようこそ!" を入れてみた。

すると見事に "アトリエ・sitemix0 へようこそ!" が表示された。

Nginx サーバを作成しようと何日もかけているのに成功しなかった作業が Kitematic を使ったら忽ち出来てしまったことに驚きを隠すことが出来ない。

まだ、Docker についても Kitematic についても殆ど何も解っていないが、よく分からなくても Nginx サーバを起動させてしまえることは本当に素晴らしいことである。

2015.07.27(火)

同時投稿:http://cafekojima.blogspot.jp/2015/08/nginx.html

同時投稿:https://kojimatak.wordpress.com/2015/08/07/nginx-サーバの作成顛末記-その1

Nginx サーバの作成顛末記。その1。

Nginx をインストールし Apache サーバのコンテンツを表示させてみようと思った。

だいぶ前から Nginx に興味を持っていたが、昨日のこと下北沢の OpenSource Cafe で開かれた東京コンクリート・ファイ部の「 爆速!concrete5超高速環境を構築しよう」 の話の中に Nginx が出てきたので、改めて作業をしてみようと思ったのである。

Nginx のインストールは homebrew を使って次のように行った。

$brew tap homebrew/dupes

Warning: Already tapped!

$brew tap homebrew/versions

Warning: Already tapped!

$brew tap homebrew/homebrew-php

Warning: Already tapped!

$brew install nginx

==> Installing nginx dependency: pcre

==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/pcre-8.37.yos...

######### 100.0%

==> Pouring pcre-8.37.yosemite.bottle.tar.gz

2015.03.30(月)

同時投稿: http://ameblo.jp/qojima/entry-12007977375.html

同時投稿: https://kojimatak.wordpress.com/2015/03/30/

 MavBook Air 11 (2013) に少々不満があった。

 Memory が 4 GB なので Safari で沢山のタブを開いて行くと忽ち 15 MB 位に減少してしまうことだったが、何とか工夫して MacBook Air の Memory が 800 MB を下がらないようにした。この問題を解決したストーリーを記事にし投稿した。

Memory Clean で Free Memory 800 MB ラインを常時自動確保

■ MavBook Air 11 (2013) に少々不満があった。

Memory が 4 GB なので Safari で沢山のタブを開いて行くと忽ち 15 MB 位に減少してしまうことだ。

■ Memory Clean を使って Memory の管理に余念がないが最近になって動作が鈍くなったようで困っているのだ。

減少した Memory を増量するためにしょちゅう手動で操作しなければならなくなっている。

■ そこで、Kichijoji Store に寄ったとき知り合いの店長にこのことを話し、Safari が Memory の食い過ぎで困っている、 Memory 消費はここまででストップということが何とかして出来ないものだろうか、と聞いてみた。

すると、私はこれで済ましていますと言って Free Ram Booster という文字を書いた紙を渡してくれた。

■ 家に帰って Free Ram Booster をネットで調べてみるとメモリ消費グラフの表示がメインのようなので直ぐに使うのを諦めた。

■ Memory 管理ソフトの中で一番上等なソフトとして Memory Clean を選んでいたことを思い出し、再度 Preferences を検討してみることにした。

■ Advanced を開いたとき、チェックが入っていない項目が一つあることに気が付いた。

Threshold Level: [ 500 ] MB (Max: 819)

[ # ] Auto Clean

[ ] Disable Auto Clean Cooldown (Not Recommended)

Refresh Interval: 3 seconds

■ [ ] Disable Auto Clean Cooldown (Not Recommended)

ここには、推奨しないと書かれているのでチェックしていなかったのである。

■ 試しに、ここにチェックを入れ更に Threshold Level: を 800 MB にして Memory Clean の動向を調べてみた。

Threshold Level: [ 800 ] MB (Max: 819)

[ # ] Auto Clean

[ # ] Disable Auto Clean Cooldown (Not Recommended)

Refresh Interval: 3 seconds

■ すると何と、Memory Clean の menu 表示が 800 MB になると忽ち Clean Memory の動作が開始されたのである。

Memory Clean の menu 表示を監視していると Memory の表示が 800 MB になる瞬間に自動で Clean Memory の動作が開始さている。

■ こうして、MacBook Air の Memory が 800 MB を下がることを目にしなくなったのである。

Kichijoji Store での店長との会話はとても有意義であった。

 

2015.02.28(土)

同時投稿:http://blog.kojima-net.com/index.php

同時投稿:http://cafekojima.blogspot.jp

WYSIWYG エディタの作成

Coda 2 と WYSIWYGHTML Editor BlueGriffon を組み合わせて WYSIWYG エディタを作成する。

1. Coda 2 : 基本エディタの設定

BlueGriffon : Coda 2 のファイル(html , htm)を編集エディタとして BlueGriffon で開くようにする。

1. Coda 2 の環境設定 > ファイル > 任意のエディタ設定 > 拡張子 :ここを次のように編集設定する。

2. 拡張子 アプリケーション

  html   BlueGriffon

  htm    BlueGriffon

2. BlueGriffon : 編集エディタとして利用

1. Coda 2 からファイル(html , htm)の編集エディタとして使う。

2. ファイル(html , htm)を右クリック、BlueGriffon で開く...を選択する。

 

2015.02.10(火)

同時投稿:http://blog.kojima-net.com/index.php

同時投稿:http://cafekojima.blogspot.jp

■ PHP の研究を再開することにした。

2015.02.05(木)

PHP:The Right Wayの説明:http://www.s-arcana.co.jp/tech/

http://ja.phptherightway.com

■ 過去にPHP の研究を試みたことがある。

2014.08.04(月)

/Volumes/LaCie/デスクトップ2/諸資料記録/処理中/緊急処理中/研究中2014.08.03〜/PHP56インストール

■ Homeblew で行ったPHP56インストールは旨くいかなかったので削除した。

■ MacPorts での PHP56インストールを行うことにした。

2015.02.06(金)

■ MacPorts のインストール

http://qiita.com/us10096698/items/54195e60b7afb601...

■ /Users/kojimac.../.bash_profile

・・・・・・・・・・

##

# Your previous /Users/kojimac.../.bash_profile file was backed up as /Users/kojimatac.../.bash_profile.macports-saved_2015-02-06_at_10:12:19

##

# MacPorts Installer addition on 2015-02-06_at_10:12:19: adding an appropriate PATH variable for use with MacPorts.

export PATH="/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH"

# Finished adapting your PATH environment variable for use with MacPorts.

##

# Your previous /Users/kojimac.../.bash_profile file was backed up as /Users/kojimatac.../.bash_profile.macports-saved_2015-02-06_at_10:42:18

##

# MacPorts Installer addition on 2015-02-06_at_10:42:18: adding an appropriate PATH variable for use with MacPorts.

export PATH="/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH"

# Finished adapting your PATH environment variable for use with MacPorts.

■ $sudo port selfupdate

Password:

---> Updating MacPorts base sources using rsync

MacPorts base version 2.3.3 installed,

MacPorts base version 2.3.3 downloaded.

---> Updating the ports tree

---> MacPorts base is already the latest version

The ports tree has been updated. To upgrade your installed ports, you should run

port upgrade outdated

10:48 AM kojiMacBook-Air:~

■ $port

MacPorts 2.3.3

Entering interactive mode... ("help" for help, "quit" to quit)

[Users/kojimatakumi] >

■ $bash

11:33 AM kojiMacBook-Air:~

■ $sudo port install php56

Password:

To customize php56, copy /opt/local/etc/php56/php.ini-development (if this is a

development server) or /opt/local/etc/php56/php.ini-production (if this is a

production server) to /opt/local/etc/php56/php.ini and then make changes.

---> Cleaning php56

---> Updating database of binaries

---> Scanning binaries for linking errors

---> No broken files found.

11:34 AM kojiMacBook-Air:~

■ $sudo port select php php56

Selecting 'php56' for 'php' succeeded. 'php56' is now active.

11:35 AM kojiMacBook-Air:~

■ $php -v

PHP 5.6.5 (cli) (built: Jan 24 2015 18:02:57)

Copyright (c) 1997-2014 The PHP Group

Zend Engine v2.6.0, Copyright (c) 1998-2014 Zend Technologies

11:35 AM kojiMacBook-Air:~

■ ApacheからPHP5.6を使うように書き換え

http://takemaru123.hatenablog.jp/entry/2014/11/27/...

/private/etc/apache2/httpd.conf

169LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so

■ php.ini ファイルを設定する

http://jp2.php.net/manual/ja/install.unix.apache2....

■ php.ini を作成する。

To customize php56, copy /opt/local/etc/php56/php.ini-development (if this is a

development server) or /opt/local/etc/php56/php.ini-production (if this is a

production server) to /opt/local/etc/php56/php.ini and then make changes.

■ php.ini-development の複製から php.ini を作成した。

この php.ini を /private/etc/php.ini として移行保存。元の php.ini は /private/etc/php.ini-5.5.1.4~org として保存。

/opt/local/etc/php56/php.ini は php-org.ini と名前を変更し保存。

■ MacPorts を導入したので、Homebrew の具合を確かめる。

■ $brew doctor

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Warning: "config" scripts exist outside your system or Homebrew directories.

`./configure` scripts often look for *-config scripts to determine if

software packages are installed, and what additional flags to use when

compiling and linking.

Having additional scripts in your path can confuse software installed via

Homebrew if the config script overrides a system or Homebrew provided

script of the same name. We found the following "config" scripts:

/opt/local/bin/ncurses5-config

/opt/local/bin/ncursesw5-config

/opt/local/bin/pcre-config

/opt/local/bin/php-config

/opt/local/bin/xml2-config

Warning: You have MacPorts or Fink installed:

/opt/local/bin/port

This can cause trouble. You don't have to uninstall them, but you may want to

temporarily move them out of the way, e.g.

◥◣ sudo mv /opt/local ~/macports

■ Homebrew を利用するには MacPorts の退避が必要

◼ 差し当たりどちらも使う予定がないので唯保守のためにこのままにしておく。

■ PHP56 導入後に発生したトラブル

◼ 予期せぬエラーが発生しました。

SQLSTATE[HY000] [2002] No such file or directory

http://localhost:8888/

http://www.kojimat.ddo.jp/concrete5.7.0.4/

◼ ログイン出来ない。

localhost/phpmyadmin/

■ トラブルの原因究明

◼ PHP56 をインストールしたため php.ini がデフォルトに戻っていると考えられるので、ソケットの設定がなされているか調べる。

◼ 参考になるのは過去に php.ini がデフォルトしたときの処理経過記録である。

◼ 2014.11.08(土)php.ini がデフォルトしたときの処理経過記録。

◼php.ini 設定

986pdo_mysql.default_socket=/tmp/mysql.sock

1135 mysql.default_socket = /tmp/mysql.sock

1194 mysqli.default_socket = /tmp/mysql.sock

■ トラブルの修復

◼ php.ini ー etc 設定がデフォルトしたため改めて次を設定した。

980pdo_mysql.default_socket=/tmp/mysql.sock

1129mysql.default_socket = /tmp/mysql.sock

1188mysqli.default_socket = /tmp/mysql.sock

■ トラブルの修復結果

◼ 表示http://localhost:8888/

◼ 表示http://www.kojimat.ddo.jp/concrete5.7.0.4/

◼ ログインocalhost/phpmyadmin/

 

2015.01.29(木)

同時投稿:http://blog.kojima-net.com/index.php

同時投稿:http://cafekojima.blogspot.jp

自宅サーバを Macintosh HD から LaCie に移転した。

サーバの位置::Time Machineを使って変更する。

1. /Volumes/LaCie/ のなかに Library/WebServer/ を作成する。

2. Time Machine から /Volumes/Time Machine/Backups.backupdb/kojiMacBook-Air/2015-01-29-104206/Macintosh HD/Library/WebServer/Documents を/Volumes/LaCie/Library/WebServer/ にドラッグアンドドロップする。

apache2 ::設定を変更する。

変更前サーバ::/Library/WebServer/Documents

/private/etc/apache2/httpd.conf

232 # DocumentRoot: The directory out of which you will serve your

233 # documents. By default, all requests are taken from this directory, but

234 # symbolic links and aliases may be used to point to other locations.

235 #

236 DocumentRoot "/Library/WebServer/Documents"

237

変更後サーバ::/Volumes/LaCie/Library/WebServer/Documents

/private/etc/apache2/httpd.conf

232 # DocumentRoot: The directory out of which you will serve your

233 # documents. By default, all requests are taken from this directory, but

234 # symbolic links and aliases may be used to point to other locations.

235 #

236 DocumentRoot "/Volumes/LaCie/Library/WebServer/Documents"

237

処理内容::/Documents - 236, 237 に /Volumes/LaCie を書き足す。

変更後サーバの起動確認::http://www.kojimat.ddo.jp/

/Volumes/LaCie/Library/WebServer/Documents/index.html を閲覧し確認した。

変更前サーバの処理::/Library/WebServer/Documents

/Documents/ から index.html.en 以外の全てのファイルとフォルダを削除した。

2015.01.29(木)

同時投稿:http://blog.kojima-net.com/index.php

同時投稿:http://cafekojima.blogspot.jp

Mac OS X 10.10.2 にアップデートした.

/private/etc/apache2/httpd.conf 内容は保存されていた。

/private/etc/php.ini        内容に変更なく保存されていた。

/Library/WebServer/Documents  サーバ機能に変更なく保存されていた。

 

2015.01.28(水)

同時投稿:http://blog.kojima-net.com/index.php

同時投稿:http://cafekojima.blogspot.jp

concrete5.7.2 を concrete5.7.3.1 にアップグレードした。

1.ダウンロードしてきた concrete5.7.3.1 フォルダをサイトフォルダの中の updates フォルダの中に入れる。

2.管理画面の「システムと設定」ー「バックアップとりストアー」-「concrete5をアップグレード」

これでアップグレードが完了。

3.サイトのフォルダ名を5.2から5.3に変更する。

4.管理画面の「システムと設定」ー「最適化」- 「キャシュをクリアー」

これでサイト名変更が完了。

2015.01.24

 

MacBook Air の自宅サーバに生じた不具合を改善した経過の記録

事前の状況::Mail.app に不調

Mail.app に不調が生じていた。ウエブ上のサイト登録で確認メールがMail.app の未読メールボックスに現れなかったのである。未読メールボックスはスマートメールボックスを使って作成し、編集で特定のメールボックス「受信」にある未開封のメッセージを全て集めるとしてある。

登録の確認メールは未読メールボックスではなく他のメールボックスに入っていたのである。

アップルコールセンターに電話してサジェストを貰い、Yosemite の再インストールをすることにした。

Yosemite の再インストールによっても Mail.app の改善は全く見られず、自宅サーバに不具合が生じているのが見つかった。

事前の状況::自宅サーバに不具合

再びアップルコールセンターに電話してサジェストを貰い、タイムマシンの復元機能を使って /Library/WebServer の WebServer を過去のものと取り換えることにした。

/Volumes/Time Machine/Backups.backupdb/kojiMacBook-Air/2015-01-23-000531/Macintosh HD/Library/WebServer

不具合の状況::ウエブサイトが表示されない

しかし、次のように自宅サーバの不具合は全く改善されなかった。

http://www.kojimat.ddo.jp/ 表示される。

Forbidden

You don't have permission to access /concrete5.7.2/ on this server.

http://www.kojimat.ddo.jp/concrete5.7.0.4/ 表示されない。

Forbidden

You don't have permission to access /concrete5.7.0.4/ on this server.

http://www.kojimat.ddo.jp/modxevo/manager/ 表示されない。

Forbidden

You don't have permission to access /modxevo/ on this server.

復活経過::

http://www.kojimat.ddo.jp/concrete5.7.0.4/ 表示が復活した。...

以下の httpd.conf の修正により表示された。

httpd.conf

比較::比較のうえ以下のように対処した

/Volumes/Time Machine/Backups.backupdb/kojiMacBook-Air/2015-01-23-000531/Macintosh HD/private/etc/apache2/httpd.conf

166LoadModule userdir_module libexec/apache2/mod_userdir.so

169LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so

493Include /private/etc/apache2/extra/httpd-userdir.conf

/private/etc/apache2/httpd.conf

166#LoadModule userdir_module libexec/apache2/mod_userdir.so

対処::# を削除する

169#LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so

対処::# を削除する

493#Include /private/etc/apache2/extra/httpd-userdir.conf

対処::# を削除する

復活経過::

http://localhost:8888/表示が復活した。

http://www.kojimat.ddo.jp/modxevo/ 表示が復活した。

以下の php.ini の追加により表示された。

php.ini 存在確認::存在してい無かったので次のように対処した

/private/etc/php.ini が存在していない。

Yosemite の再インストールにより、/private/etc/php.ini.default

デフォルトに戻ったため削除されていた。

対策::

/Volumes/Time Machine/Backups.backupdb/kojiMacBook-Air/2015-01-23-000531/Macintosh HD/private/etc/php.ini

タイムマシンの中に存在している php.ini をドラッグドロップでコピーした。

/private/etc/php.ini 設定された。

残る問題点::

なぜ、 http://www.kojimat.ddo.jp/ だけは表示されるのであろうか。

2015.01.19

ターミナルのプロンプトを変更した

状況::

先日変更して使っていたターミナルのプロンプトは次の通り。

export PS1='\h:\W $'

変更::

今日思うところあって次のように変更した。

export PS1='\[\e[34m\]\@ \[\e[33m\]\h:\[\e[32m\]\w\e[0m\n\$'

結果::

時刻表示と色分け表示で画面が明瞭になった。

暫く使ってみることにした。MySQL の自動起動が復活した。MySQL の自動起動が復活した。

2015.01.17

MySQL の自動起動を復活させることにした

状況::

暫く MySQL の起動を手動で行ってきたがターミナルの操作が煩わしくなってきていた。

そこで再びMySQL の起動を自動起動にすることにした。

確認::

~/Library/LaunchAgents/ に置いてある homebrew.mxcl.mysql.plist を PropEdit で探して Jedit X で開き ProgramArguments の中の3項目の内容を確認してみた。

ProgramArguments

/usr/local/opt/mysql/bin/mysqld_safe

--bind-address=127.0.0.1

--datadir=/usr/local/var/mysql

対応::

/usr/local/opt/mysql/bin/mysqld_safe には mysql が存在していないので削除し、mysqld_safe が存在しているパス(/usr/local/Cellar/mysql/5.6.21/bin/mysqld_safe)に Sublime Text を使って変更した。

ProgramArguments

/usr/local/Cellar/mysql/5.6.21/bin/mysqld_safe

--bind-address=127.0.0.1

--datadir=/usr/local/var/mysql

結果::

2015.01.07

ターミナルでコマンドがほとんど受け付けられなくなったときの解決策の一つ

昨日の夕方からターミナルでコマンドが全く受け付けられなくなった。

pw などほんの少しのコマンドを除き、ls ほかたくさんのコマンドで -bash: command not found と表示される状態となった。
そこで /.bash_profil を疑ってみたが time machine の記録と違っていなかった。
試行錯誤の結果、やっと /Users/kojimatak…/.bash_profile に辿り着き、そこに記述の相違を発見した。
最後の export PATH の記述の最後に :$PATH が欠落していたのである。
その原因に思い当たるものは未だ見つからない。

/Volumes/Time Machine/Backups.backupdb/kojiMacBook-Air/2015-01-06-092319/Macintosh HD/Users/kojimatak…/.bash_profile

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
export PATH=/usr/local/bin:usr/local/sbin:/usr/local/sbin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/usr/

local/bin:/usr/local/mysql/binbin:/sbin:/opt/X11/bin:/usr/local/mysql/bin:/usr/local/

mysql/binexport PATH=/usr/local/Cellar/mysql/5.6.21/bin:$PATH

メモ:

最後の export PATH の最後に :$PATH が欠落していることが解ったので、ここから :$PATH をコピー & ペーストし保存した。
2015-01-07-155319/Macintosh HD//Users/kojimatak…/.bash_profile

解決:

kojiMacBook-Air:~ kojimatak…$ mysql.server start
Starting MySQL
.. SUCCESS!
kojiMacBook-Air:~ kojimatak…$ mysql -u root-p
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 3
Server version: 5.6.21 Homebrew

Copyright (c) 2000, 2014, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type ‘help;’ or ‘\h’ for help. Type ‘\c’ to clear the current input statement.

[(none)] mysql>